不動産投資 物件

Image Replacement

マンションを投資物件として購入し、定年までに融資を完済すれば、セカンドライフに支給される公的年金だけでなく、安定した家賃収入を得る事ができます。

不動産投資の魅力と危険の両方を知る事

m-bus-blue.gif

不動産への投資は、一般的に 失敗しにくい投資と言われてております。

不動産を購入したとき例え債務者が死亡したりもしもの時があっても、


団信生命保険が適用されるため、融資の残債は保険企業が変わりに完済してくれます。

   融資の金利以上の運用を行なう事で実質的には金利負担がなく返済する事ができるのです。
したがって、考えてみればわかりますが残されたご家族の方には債務不要の物件が残る ので安心できます。

  物価上昇の対策として有効


長期間的な視点で見た場合、景気が好転して物価上昇になると、現金や預貯金などは目減りする傾向がありますが、不動産の資産価値や家賃収入は上昇する事が多いので物価上昇には強い投資やり方と言えます。




メリットも多いのですが、危険も当然あります。


現金や預貯金は、時価で100%が課税の対象となりますが、財産を不動産で保有し、さらに賃貸する事で、約30%程度まで引き下げられる場合も在るので、相続税を減らす対策として活用ができます。


  第2の人生の私的(個人)年金の確保


少子化傾向に在る現代は、国の年金だけでは、今後の第2の人生生活に不安が残ります。


マンションを投資物件として購入し、定年までに融資を完済すれば、第2の人生に支給される国の年金だけでなく、安定した家賃収入を得る事ができます。


申告の際に計上される必要経費には、減価償却費や管理費、融資金利などがあ り、


その分の赤字を目下の所得と損益通算する事により確定申告で所得税の還付を受ける事ができます。


  税金を減らすの効果が期待出来る


家賃収入は不動産所得として給与所得とは別に申告が必要となります。


また、同様に住民税も減額されるのです。

ここで、不動産投資の魅力と危険の両方を知る事で、よりマンション経営について学ぶ事ができます。


 

マンション経営には多額の資金が必要と思われがち

m-book-black.gif

 


 不動産投資には多額の資金が必要と思われがちですが、融資を組む事で少額の手持ち資金から始める事もできます。
  融資を利用して生命保険の代わりにする


マンションを融資を組んで購入する場合には、団体信用生命保険の加入が必要となります。
  相続税を減らす対策になる


相続をされる場合、投資不動産は現金の相続を受けるよりも有利と言えます。